AYURVEDA(アーユルヴェーダ)とは

 Ayurvedaとは、Ayur(生命)、Veda(知識・科学)というふたつの言葉からなっています。

アーユルヴェーダは、インドの治療医学、予防医学だけではなく、哲学や、ヨーガも含まれます。アーユルヴェーダが発祥したインドでは、5000年もの前から、人が健康に暮らしていくための方法について、さまざまな角度から研究がされてきました。例えば、食材については、季節、時間帯、調理方法などがとても具体的に示されています。また、薬草に関する知識が豊富に蓄積されており、現代でも活用されているのは、言うまでもありません。

 

 アーユルヴェーダで説かれていることは、病気を単に対処療法的に治すのではなく、生活全体を見直して病気のもとになっている生命エネルギー(ドーシャ)のバランスを整え、私たちの生命の質を上げていくことにあります。例えば、頭痛もちの方の場合、やはり、頭が痛いときに、鎮痛剤を飲んで症状を和らげることは必要ですが、頭が痛くなる原因をみつけて、根本から治療をしないと繰り返し頭痛に悩まされることになります。ご自分の体質を理解したうえで、日常生活の中で病気にならない工夫をアユールヴェーダの知恵の中にはたくさんあります。

 

また、アーユルヴェーダの医学は、健康な人もその治療対象としています。アーユルヴェーダの目的には、「健康な人の健康を維持する事」というのがあります。 パンチャカルマという治療で、細胞を活性化させ、RASAYANA(ラサヤナ:若返り)、健康な状態で長寿できるようにする。これも大きな目的の一つです。パンチャカルマについては、ホームページ上で詳しく書いてますので、上部の「パンチャカルマ」をクリックしてお読みください。