アーユルヴェーダクッキング、実はインド料理そのものと言っても間違いないです。ただ、現代のインド料理は、アーユルヴェーダでは禁忌とされる具材の組み合わせがあるので、そのことに関してはおって紹介します。ただし、それを毎日食べるわけじゃないので、そんなに気にしなくても大丈夫(^^♪

 

家庭で主にお母さんが作ってくれるさまざまなスパイスを使ったお料理は、昔からインドに伝わるアーユルヴェーダの知識にのっとって、そして、その土地、風土にあった味付けがなされ、発展してきました。

 

このアーユルヴェーダクッキングのコーナーでは、スパイスの効能や使い方なども紹介しながら、おいしく体にもやさしいアーユルヴェーダクッキング(インド料理)を紹介したいと思います。 

写真は、スパイスボックスに入っている基本スパイスです。

このスパイスボックスを使って、日々お料理を作っています。

 下の黒い粒から反時計回りにスパイスを紹介します。

マスタードシード、コリアンダーシード、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、ターメリック、クミンシード

真ん中がガラムマサラです。